厚木海老名川崎(溝の口)川崎(川崎)相模原鎌倉茅ヶ崎藤沢ひらつか横浜横須賀たま・あさお


●このサイト内へリンクする場合は、メールにてご連絡下さい。 atsugi-enkan@ga2.so-net.ne.jp


【神奈川演劇ニュース 39号】⇒PDF版

【神奈川ブロック第14回討議資料】⇒PDF版

【神奈川ブロック規約改正案】⇒PDF版

【神奈川ブロック組織動態表】⇒PDF版




各地の例会作品&日程 【2014年1月〜8月】


入会金・会費は鑑賞会によって違いますのでお問合せ下さい。( 会員数・ステージ数は2012年2月現在)

■厚木演劇鑑賞会

事務所
所在地
〒243-0014
厚木市旭町5-43-1 三橋パークビル305
TEL046-228-9325 FAX046-228-9349
E-mail atsugi-enkan@ga2.so-net.ne.jp
創立1986年会員数587名 ステージ数昼1備考 無料託児あり。
使用会場厚木市文化会館 (地図) TEL046-225-2588 FAX046-223-1439


■海老名演劇鑑賞会

事務所
所在地
〒243-0045
海老名市国分南1-2-11ハイツ 押田103
TEL046-234-2766 FAX046-234-2766
E-mail enkanebi@ia2.itkeeper.ne.jp
創立1987年会員数660名 ステージ数昼1備考  
使用会場海老名市文化会館 (地図) TEL046-232-3231 FAX 


■川崎市民劇場 ●溝ノ口事務所

事務所
所在地
〒213-0001
川崎市高津区溝口2-17-27 エムスタ第4ビル2F
TEL044-455-7950 FAX044-455-7951
E-mail m-kawasakienkan@iaa.itkeeper.ne.jp
創立1985年会員数1311名 ステージ数夜1昼1備考 中原会場
使用会場エポック中原 (地図) TEL044-722-0185 FAX 


■川崎市民劇場 ●川崎事務所

事務所
所在地
〒210-0006
川崎市砂子1-7-1 エスポアール2階
TEL044-244-7481 FAX044-244-7482
E-mail k-kawasakienkan@iaa.itkeeper.ne.jp
創立1966年会員数777名 ステージ数夜1備考 幸会場
使用会場幸文化センター (地図) TEL044-541-3910 FAX 


■相模原演劇鑑賞会



事務所
所在地
〒252-0303
相模原市南区相模大野6-14-2 ウイング相模大野1F-C
TEL042-741-5880 FAX042-741-5880
E-mail y_keiko@za2.so-net.ne.jp
創立1988年会員数545名 ステージ数夜1備考  
使用会場グリーンホール相模大野 (地図) TEL042-749-2200 FAX 
相模原南市民ホール (地図) TEL042-749-2111 FAX 


■鎌倉演劇鑑賞会


事務所
所在地
〒247-0056
鎌倉市大船3-6-2 新道ビル2F
TEL0467-46-4042 FAX0467-46-4042
E-mail kamakura-enkan@sky.plala.or.jp
創立1994年会員数1356名 ステージ数夜1昼1備考  
使用会場鎌倉芸術館 (地図) TEL0467-48-5500 FAX 


■茅ヶ崎演劇鑑賞会


事務所
所在地
〒253-0042
茅ヶ崎市本村1-9-6 美和2F
TEL0467-51-6005 FAX0467-51-6005
E-mail chigasaki-enkan@lemon.plala.or.jp
創立1994年会員数844名 ステージ数夜1備考  
使用会場茅ヶ崎市民文化会館 (地図) TEL0467-85-1123 FAX 


■藤沢演劇鑑賞会



事務所
所在地
〒251-0055
藤沢市南藤沢8-1 日の出ビルA203
TEL0466-24-1747 FAX0466-24-4237
E-mail fujisawa-enkan@rose.plala.or.jp
創立1988年会員数1107名 ステージ数夜1昼1備考  
使用会場藤沢市民館 (地図) TEL0466-23-2415 FAX 
湘南台市民シアター (地図) TEL0466-45-1550 FAX 


■ひらつか演劇鑑賞会

事務所
所在地
〒254-0042
平塚市明石町20-2 ヒカリビル2F
TEL0463-24-3265 FAX0463-24-3265
E-mail h-enkan@ma.scn-net.ne.jp
創立1994年会員数735名 ステージ数夜1備考  
使用会場平塚市民センター (地図) TEL0463-32-2355 FAX 
平塚市中央公民館 (地図) TEL0463-32-2235 FAX 


■横浜演劇鑑賞協会

事務所
所在地
〒220-0023
横浜市西区平沼1-40-1 嶋森ビル7F
TEL045-231-8425 FAX045-253-1084
E-mail 2900616@happy.odn.ne.jp
創立1973年会員数2500名 ステージ数夜1昼3備考  
使用会場県立青少年センター (地図) TEL045-241-3131 FAX 


■横須賀演劇鑑賞協会

事務所
所在地
〒238-0006
横須賀市日の出町1-13 スターホームズ1F
TEL0468-22-5821 FAX0468-23-2966
E-mail sukaen@tim.hi-ho.ne.jp
創立1966年会員数684名 ステージ数夜1備考  
使用会場横須賀市文化会館 (地図) TEL0468-23-2950 FAX 


■たま・あさお市民劇場

事務所
所在地
〒214-0014
川崎市多摩区登戸1822-1 ワコーハイム101号室
TEL044-911-6920 FAX044-911-6920
E-mail tama-asaoenkan@com.home.ne.jp
創立2011年会員数350名 ステージ数夜1備考  
使用会場多摩市民館 (地図) TEL044-935-3333 FAX 





観ることは創ること
山田太一さん
(脚本家・川崎市在住)

絵画でも小説でも映画でも、観ること読むことは、創造行為だと思っています。
観る人がいなかれば、ピカソもゴッホも存在しません。読む人がいるからこそ、夏目漱石も太宰治も消えずにいるのです。
ちっともいいと思っていなくても研究のために保存する学者や売れるから大事に扱う商売人とか、心とは無縁に作品に関わる人もいますが、それはごく少数です。
結局、作品と鑑賞者が一番近くて濃密なのが演劇だと思います。
私は、テレビドラマの仕事を長くやってきましたが、一番もどかしく、淋しいような気持ちになるのは、観てくれる人を見ることができないということでした。ここで笑ってくれたのかしらけたのか、このクライマックスは作者の思い通りに届いているのか、泣いてくれたのか、「バカだねぇ、このドラマつくっている奴は」と嘲笑されているのか、それがまったく見えないのです。
無論家族が見ているのは見ることが出来ますが、家族は目の前で「くっだらねえもん書くよなあ」なんていいませんから、よく分かりません。大体、自由に見られないのでは気の毒ですから、チャンネルを替えてもいいように、一緒に見ないのです。
で、自作がいいのか悪いのかは、自分で判断するしかないのです。投書などというものはありますが、短いもの、大ざっぱなものが多く、あまり参考になりません。
ドラマをつくるというのは、この台詞はどう届いたのか、この動きは早すぎなかったかというような一行一行の細部の積み重ねなので、大まかな印象、感想も大事ですが、それだけでは、もどかしいのです。
十六年前、はじめて演劇の脚本を書かせて貰いました。その初日の驚きを忘れることが出来ません。
お客さんのいない、前の日までの稽古とは全くといっていいほど別の作品になっていくのです。白黒の写真が見る見るカラーになっていくというか、俳優は稽古と同じことをしているのにお客さんがクスクス笑ったり大笑いすると、前日まで可笑しくもなんともなかった台詞や動きが、作者の私も思わず吹き出してしまうものに変わってしまうのです。笑いをまったく予期していなかったところで、ドッと笑いがおこったりするとググーッと作品が音をたてて、作者の考えていた重心とちがう重心へ移動していくのです。
これには心から感謝しました。「観る人が、半分芝居を作る」という、長いこと演劇人が口にしている言葉は、本当なのだとちょっと胸が震えました。
まあ、この時は、まぎれもなく観客がよき方向に作品を押しあげて下さったから、「感動」とか呑気なことをいっていられたのですが、なにをしても観客が反応せず、しらーっと批評的でギャグにも笑わず、ということも起こり得るわけですから「これは恐い」とも思いました。「しかし、やり甲斐があるなあ」とも。
以後、十一本の脚本を書かせて貰いました。神奈川県の演劇鑑賞会では、そのうち五本の作品を取り上げて下さいました。私の人生の大半を神奈川県ですごしいまもすごしていますから、地元の人たちが五本も(五本しかともいえますが)取り上げて下さったことを、伏して感謝しています。
二〇〇〇年には、新作をひっさげて、お目にかかります。地元の少しでも多くの人に見ていただきたい(選挙みたいですが)、地元の人々のいきいきした反応を浴びたい(恐いですが)と願っています。鑑賞会にどしどし入ってください。入っている人は、やめないで下さい。(少なくとも私の新作までは)。

《1999年6月「神奈川演鑑連パンフレット」より転載。※無断転載禁止》